フルカラー・プリントステッカー/ハイスペックtype:屋外耐候性5年

フルカラ・プリントステッカーは、溶剤インクジェットマシンで印刷するステッカーです。シンナー臭がする業務用のソルベントインクを使います。家庭用の水性インクとは次元の違う屋外耐候性能を持っています。当店のマシンは8色インク仕様で、鮮やかな仕上がりのステッカーを提供しています。

  • 過去製作の95%がこのタイプを選択している高級志向のフルカラープリントステッカー
  • 超厚50μのUVカットフィルム施工で屋外耐候性が高い(ハイスペックtypeは5年
  • マシンプリントなので製版代は不要
  • UVカット機能がある表面保護フィルムは50μの厚手タイプ。強光沢仕様で高級感抜群
  • 主な用途:販売用途、クラブ・チーム、屋外看板、店舗ディスプレーなど

フルカラー・プリントステッカーのメディアは6種類用意しております。各メディアにより面積単価が異なります。なお、インクジェット印刷による生産のため、量産性がありません。そのためロットが多くなっても割引はありません。

フルカラー・プリントステッカーは面積計算+形状割り増しという簡単な計算で金額が出るため、自動見積を設置しています。送料を除いた金額になりますが、参考までにご利用ください。


ハイスペックtypeで最もベーシックなホワイト塩ビ。厚さ70μの塩ビメディアに、50μの超耐候PETフィルムを組み合わせています。表面は強光沢仕上がり。コシのある高級感の高いステッカーです。

10cm×10cmの面積単価
¥110円

塩ビホワイト:自動見積

サイズと数量・形状を入力頂くと、送料・オプションを除いた金額を確認できます(複雑な自由形状は除く)


フルカラー専用の厚さ80μのアルミ調メディアです。ソルベントインクは、透過性のため、このメディアに印刷すると地が透けます。地が透けないインクカラー(黒などの濃色系)での利用が大半となっています。

10cm×10cmの面積単価
¥220円
本体はアルミ素材ではありません。PET基材です

上記のへアラインシルバーと同じ仕様のつや消しメディアです。同じく地が透けてしまうので、カラーの選択は注意が必要です。なお、オレンジ系インクを使用すると疑似ゴールドを表現できます。

10cm×10cmの面積単価
¥220円
本体はアルミ素材ではありません。PET基材です

アルミ調メディア:自動見積

サイズと数量・形状を入力頂くと、送料・オプションを除いた金額を確認できます(複雑な自由形状は除く)


ステッカーを剥がす際に糊が残らないメディア。一定期間貼るものの、必ず剥がすという用途専用です。クルマやバイクなどの動く系への使用には、粘着力が弱いためお薦めできません。

10cm×10cmの面積単価
¥143円

リピールホワイト:自動見積

サイズと数量・形状を入力頂くと、送料・オプションを除いた金額を確認できます(複雑な自由形状は除く)


光が進入した方向へ反射(回帰反射)するメディア。主に交通安全用途になります。なお、自動車のライトなどを反射するもので、自己発光はしません。また、アルミ調メディアと同じく、明るいカラーのインクは地が透過します。デザインは慎重にする必要があります。

10cm×10cmの面積単価
¥330円

反射ホワイト:自動見積

サイズと数量・形状を入力頂くと、送料・オプションを除いた金額を確認できます(複雑な自由形状は除く)


通常の塩ビメディアにソルベントインクを印刷すると、インクの攻撃性が非常に高いため、数ヶ月でメディアが収縮します。特に1シートに数種類のデザインを配置し、ハーフカットで仕上げると、カットラインが収縮のため口が開いてしまいます。この現象をほぼ抑えることができるメディアです。販売用などの体裁を重視する用途にお薦めです。

説明画像はコチラ

10cm×10cmの面積単価
¥165円

非収縮ホワイト:自動見積

サイズと数量・形状を入力頂くと、送料・オプションを除いた金額を確認できます(複雑な自由形状は除く)


四角形から円・楕円形、自由形状まで、自由な形でステッカーを作ることができますが、別途型抜き加工料金が必要です。加工料金はステッカー本体価格に対し、形状に応じて掛け率が決まっています。

例えば、円形ステッカーの場合、直径50mmの円形も、500mmの円形も、同じ料金では合理性がありません。そこで、大きさに応じて型抜き代金が変わるように、掛け率制を採用しています。上記の自動見積には反映されています。

価格例(縦70mm横100mmの場合)
長方形 楕円形 自由形状
¥84.7/枚 ¥92.4/枚 ¥100.1/枚

複雑な型抜の追加料金について
通常の円形や楕円形状の場合は、型抜に要する時間は、1枚辺り3〜5秒です。自由形状の場合は15秒前後までが基本となりますが、これを超える場合は、5秒ごとに11円を加算します。
[計算例]
1枚20秒を要する形状:本体価格に11円を加算
1枚30秒を要する形状:本体価格に33円を加算
1枚60秒を要する形状:本体価格に99円を加算